ダーク・ファンタジーなはずだけど結構良い話 Netflix「サンドマン」(ネタバレ感想)

ダーク・ファンタジーなはずだけど結構良い話 Netflix「サンドマン」(ネタバレ感想)

グッド・オーメンズ」のニール・ゲイマンが1989〜1996年にDCコミックスで刊行した原作の、Netflixのドラマシリーズ「サンドマン」全10話+1話を完走。 夢を司る神のダーク・ファンタジー。

 

The Sandman 2022年Netflix 全10話+1話

 

Advertisement

 

ストーリー

1916年、夢の国(ドリーミング)の王サンドマン(ドリーム)/モルフェウスは、夢の国から逃げた悪夢であるコリント人を捕まえるため現実世界へ来ていたところ、魔術の儀式によって人間に捕まり幽閉される。その時、彼の大事なヘルム・砂袋・ルビーも盗まれる。サンドマンが捕まってしまった事で夢の国は荒廃。現実世界でも眠りから覚めない謎の病が蔓延する。105年後の2021年に脱出したサンドマンは夢の国へ戻るが、ヘルム・砂袋・ルビーを取り戻すため再び人間界へ舞い戻る。

キャスト

サンドマン/モルフェウスにトム・スターリッジ、ドリーミングの司書ルシエンにヴィヴィアン・アチャンポン、コリント人にボイド・ホルブルック、ロデリック・バージェスにチャールズ・ダンス、ルシファーにグェンドリン・クリスティー、コンスタンティンにジェナ・コールマン、エセルにジョエリー・リチャードソン、エセルの息子ジョンにデヴィッド・シューリス、他スティーブン・フライなど。
声の出演で、ジェームズ・マカヴォイ、デヴィッド・テナント、マイケル・シーン、ロジャー・アラムなど

ネタバレ感想

「サンドマン」が何かも知らずに、SNSの評判だけで見始めましたが、ニール・ゲイマンだしファンタジーは大好物なのでさくさく鑑賞。
サンドマン役のトム・スターリッジ、すらっとして無表情、いつの間にかそこにいる感じが人外っぽい。
なんとなくニール・ゲイマンに似ている気がする。

サンドマンはエンドレス(終わりなき者)のひとり。
エンドレスはドリーム(夢)の他、弟ディストラクション(破壊)、妹ディリリウム(錯乱)、妹ディスペア(絶望)、兄デスティニー(運命)、弟/妹ディザイア(欲望)、姉デス(死)。

前半5話は、幽閉されてからヘルム・砂袋・ルビーを取り戻すまでの話(5話が少々グロい^^;)
6話は姉デスと不死を望んだ人間との友情の話。
後半4話でドリーミングを破壊する「夢の渦」となったローズの話。
おまけの11話は、前半はアニメで「1000匹の猫の夢」。
後半は、作家がスランプから抜け出すためギリシャの女神カリオペを監禁する話。

会話も少なく表情もなく冷たい王だったサンドマンが、シリーズを通して周囲に寛容になり、相手を許し、自分の非を認めるなど精神的に成長します。
シリーズ1回通しで見ましたが、前半のエピソードで出てきた登場人物が、後半に再登場したりもするので、もう1回くらいおさらいで見たいですね。
シーズン2はまだ決まっていない様ですが、原作は10巻あるし、リタの子供、ドリームを目の敵にしているディザイアなど、すでに種は巻かれているので、引き続き作ってほしいです。

 

Advertisement

海外ドラマの旅カテゴリの最新記事