『アトラクション-制圧-』(ネタバレ感想)

『アトラクション-制圧-』(ネタバレ感想)

T-34 レジェンド・オブ・ウォー』や『ANNA/アナ』のアレクサンドル・ペトロフがちょっとしたマイブームなので、GYAO!で今月一杯無料配信中(終了しました)の『アトラクション-制圧-』を見ました。2017年制作のSF。どうも同じメンバーで続編も出来ているみたい。

PRITYAZHENIE /ATTRACTION 2017年ロシア 117分 G
Advertisement

 

ストーリー

 

モスクワのチェルタノヴォ、流星群を見ようと集まっている人々の頭上に突如巨大な球体の宇宙船が現れ、街を次々になぎ倒し不時着。軍が現場に急行しエイリアンと接触するが相手の意図が分からず手出しできない。軍の司令官を父に持つユリヤはボーイフレンドのチョーマと共に、宇宙船墜落に巻き込まれ負傷、親友は亡くなってしまう。やり場のない怒りから宇宙船の墜落現場へチョーマ達と向かったユリヤは、エイリアンと遭遇する。

 

キャスト

 

ユリヤに『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』のアーニャことイリーナ・ストラシェンバウム、チョーマにアレクサンドル・ペトロフ、エイリアンのヘイコンにリナル・ムハメトフ、ユリアの父レべデフにオレグ・メンシコフスタッフなど。
監督はフョードル・ボンダルチューク

 

ネタバレ感想

 

流星群を見ているところに球体の巨大宇宙船が突如現れ、ビルにぶつかりながら墜落。中からマシンなのか生物なのか分からない物体が現れます。
青い空とはっきりしたビジュアルの宇宙船の姿に『スカイラインー征服ー』を思い出しました。そういえば題名も似てる。(映画を見終えてもこの映画の題名の意味がよく分かってないんだけれど^^;)

 

最初マシンの様と思ったのは高性能スーツで、中身は人型の宇宙人。彼らが地球に来た目的は?『メッセージ』みたいに何か教えてくれるの?
ハイテクそうな装置から、彼らの文明はどんな感じかとか期待にワクワクしていると、その後始まるのはユリアと宇宙人ヘイコンとのボーイ・ミーツ・ガール的な展開。

最初は良い彼氏に思えたチョーマが、中盤ユリアをほったらかしていたにも関わらず、ヘイコンに心を移した途端に酷い奴に。
酷い奴なのにカリスマ性があるのか、街の人々を先導して宇宙船へ突撃しようとするし。
どう考えても彼女を取られた腹いせなんだけど。

 

しかも何かする度に、仲を拗らせてる父親に対してかまってちゃんな行動。
軍までも巻き込んでもめるのでイライラ。
早く話を進めてくれ〜となります。
そうそうそうこなくっちゃ〜となるラストも割とあっさり目。
どこかで見た様な話で締まるけれど、何と続編が昨年できた様で。
今年公開予定だったのだけど、どこかで公開されたんでしょうか?

 

あまり褒めてない気がしますが、興味のある方はぜひ。

 

Advertisement

映画の旅カテゴリの最新記事