サーカスへようこそ 『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(ネタバレ感想)

サーカスへようこそ 『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(ネタバレ感想)

”マーベル・シネマティック・ユニバース”(MCU)の25作目、フェーズ4の劇場映画2作目『シャン・チー/テン・リングスの伝説』を初日レイトで観ました。

 

Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings 2021年米 132分

 

Advertisement

ストーリー

1000年前、伝説の腕輪”テン・リングス”を手に入れ、不老不死となり権力を求めた男。
ある時伝説の村ター・ローで、自分の力が通じない1人の女性と出会い恋に落ちる。
現代のサンフランシスコ。ホテルの駐車係として働くショーンとケイティは高校の頃からの親友。
通勤バスの中で何者かに狙われたショーンは、妹のシャーリンに会いにマカオへ向かう飛行機の中で、本名はシャン・チーで、父は犯罪組織のボス、襲ってきたのは父の使いだとケイティに明かす。

キャスト

シャン・チーにシム・リウ、父シュー・ウェンウーにトニー・レオン、妹シャーリンにメンガー・チャン、母イン・リーにファラ・チャン、親友ケイティにオークワフィナ、伯母のイン・ナンにミシェル・ヨー
他、レーザー・フィストにフロリアン・ムンテヌア、デス・ディーラーのアンディ・リー、ロニー・チェン、ユン・ワー、ベネディクト・ウォンなど。
監督は『黒い司法 0%からの奇跡』のデスティン・ダニエル・クレットン。

ネタバレ感想

シャン・チーという名前を聞くのは初めてですが、実は”テン・リングス”のMCU初登場は『アイアンマン』で、中東でトニー・スタークを攫い監禁していた組織が”テン・リングス”。その後『アイアンマン2』でイワンに偽装パスポートを用意したり、『アイアンマン3』では”テン・リングス”の首領であるマンダリンが登場、偽物でしたけどね。
アントマン』のイエロージャケットお披露目シーンにも組織の者が参加していたとか。
意外に目にしていたんですね〜。ほぼ記憶になかったけど( ̄∀ ̄*)イヒッ

舞台はサンフランシスコ(アルカトラズ、ゴールデン・ゲート・ブリッジ、坂道にケーブルカーにロンバート・ストリートまで映って観光気分)からマカオの闘技場、どこかの山頂にある”テン・リングス”本部、そして伝説の村ター・ローへ。
カンフー映画というだけあって、どの場所でもアクションの見せ場あり。
サンフランシスコのバスの中、マカオの闘技場での兄妹対決にビルの足場、クライマックスのター・ロー村での親子対決は手に汗握りまくりでした。
お母さんやミシェル・ヨーの拳法の型と動きが美しくて見惚れました。もちろんトニー・レオンにも( ̄∀ ̄)

笑えるシーンもいろいろありましたが、やはり一番は偽マンダリンことトレヴァー・スラッタリーのまさかの再登場ですね〜。
モフモフの動物とセットのベン・キングズレー、良いです。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

インクレディブル・ハルク』のアボミネーション(ティム・ロスが変身した奴)と『ドクター・ストレンジ』のウォンが闘ってるオマケもあり。バスの中の撮影マンは『スパイダーマン:ホームカミング』にも居たらしいですね。

オマケと言えば、エンドロール中のシーンでブルース・バナーとキャプテン・マーベル登場。
シャン・チーとケイティに「サーカスへようこそ」と言うのは、2人ともアベンジャーズ入り?
エンドロール後のシーンの後のクレジットでは、「テン・リングスは帰ってくる!」。
なぜ「シャン・チーは帰ってくる」じゃないのかも謎ですね〜。
そして、なぜにカラオケではイーグルスの”ホテルカリフォルニア”なのか?( ̄∇ ̄)ニヤッ

 

Advertisement

映画の旅カテゴリの最新記事