どんどん広がるスターウォーズスピンオフ 「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」

どんどん広がるスターウォーズスピンオフ 「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」

Disney+で配信中のスター・ウォーズドラマ「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」を見ました。
特にボバ・フェットのファンという訳でもないのですが、同じくスター・ウォーズドラマである「マンダロリアン」に登場していたので。
なんだかんだ言っても、スター・ウォーズ関連は見てしまいますね〜。

 

The Book of Boba Fett 2021年米 全7話

 

Advertisement

ストーリー

「マンダロリアン シーズン2」で、アーマーを取り返した見返りにマンドーのグローグー救出に協力したボバ・フェットと相棒のフェネック・シャンド。その後、惑星タトウィーンのジャバ・ザ・ハットの宮殿に向かい、ジャバの代わりにモス・エスパの新たな”大名”になると宣言し、酒場から悪党どもを追い払う。
バスク・タンクで身体を休めるボバは過去の自分の身に起きたことを回想する。

キャスト

ボバ・フェットにテムエラ・モリソン、フェネック・シャンドにミンナ・ウェン
酒場のオーナーにジェニファー・ビールス、執事長にデヴィッド・パスクエジ、他ダニー・トレホなど。
後半のエピソードにマンダロリアンのペドロ・パスカル、コブ・ヴァンスのティモシー・オリファント、アソーカ・タノのロザリオ・ドーソン、ルーク・スカイウォーカーやグローグーも登場。
監督は「マンダロリアン」同様エピソード毎に代わり、ロバート・ロドリゲス、ブライス・ダラス・ハワードなど。
脚本は製作も務めるジョン・ファブロー

ネタバレ感想

スター・ウォーズをご覧になっている方には説明不要でしょうが、
ボバ・フェットは『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』に登場した賞金稼ぎで、ダースベイダーにレイア姫達がランド・カルリジアンの所へいることを告げ、報酬としてカーボン冷凍されたハン・ソロを貰い、ジャバ・ザ・ハットの元へ届けた人物。
その後『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で、サルラックに飲み込まれて死んだと思われていました。
それが「マンダロリアン シーズン2」で生きていたことが分かり、このドラマでボバがどの様に生き延びたのかも描かれています。

舞台がタトウィーンだし、懐かしのタスケンレイダーとか酒場とかジャバの宮殿やランコアとか見るだけでもテンション上がります。
後半にはマンダロリアンが参戦してくるし、マンドーが泣く泣くルークに預けたグローグーとも再会できるし、マンドーが手に入れたダークセイバーやN-1スターファイターとかにも気持ちがアガります。

エンド・クレジットのおまけシーン

おまけシーンのバスタ・タンクの中にいるのはコブ・ヴァンスで、命を取り留めていたらしい。
タンクの側に立つのは、フェネックをサイボーグ化して助けた医者。
コブ・ヴァンスもサイボーグとなっているのでしょうかね〜。
「マンダロリアン シーズン3」に繋がって行くのでしょうか。

 

Advertisement

 

海外ドラマの旅カテゴリの最新記事