【ネタバレあり】『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』東宝の神々がハリウッドSFXで蘇る

【ネタバレあり】『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』東宝の神々がハリウッドSFXで蘇る

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』観ました。これが観たかった!なド迫力の怪獣大戦争。手に汗握りました。さて、ゴジラ、キングギドラ、モスラ、ラドンのバトルを制し、怪獣達の頂点(キング)になったものは?

GODZILLA: KING OF THE MONSTERS   2019年米 132分

GODZILLA ゴジラ』(2014)『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)に続く、“モンスターバース”シリーズの第3弾。前作から5年後、古代巨大生物の再びの復活に、ゴジラも再覚醒です。

監督&キャスト

前作から引き続きのキャスト、芹沢博士役の渡辺謙、芹沢の助手グレアム博士役のサリー・ホーキンス、デビッド・ストラザーン演じる米軍のステンツは少将から大将に昇格してました。『キングコング:髑髏島の巨神』でブルックス博士役のジョー・モートンもチラッと。
新たなキャストは、前作ゴジラとムートーの戦いで息子を亡くした動物学者マークにカイル・チャンドラー、マークの妻でモナークの古生物学者エマにヴェラ・ファーミガ、マークとエマの娘マディソンにミリー・ボビー・ブラウン、モナークのメンバースタントン博士にブラッドリー・ウィットフォード、双子のチェン博士にチャン・ツィイー、サムにトーマス・ミドルディッチ、アイシャ・ハインズ、オシェア・ジャクソン・Jr.。エコテロリストのアラン・ジョナにチャールズ・ダンスほか。
監督は前作のギャレス・エドワーズから代わりマイケル・ドハティ

ネタバレ感想

前作に引き続き、”守護神”ゴジラという設定。東宝ゴジラに慣れ親しんできたものには馴染みやすく嬉しいところ。キングギドラは宇宙から来たとか、モスラが”怪獣の女王”だとか東宝設定が活きているらしく、東宝ゴジラに詳しい方は特に胸熱かも。また渡辺謙、ヘリから降りるだけでもなんだか様になっていてカッコイイです。

前作で怪獣と秘密機関であったモナークの存在が世界に知れ渡り、モナークを米軍の監視下に入れるべきという話が出て、”アベンジャーズみたいと思っているうちに、モナークが密かに監視していたモスラが孵化。古代巨大生物と交信する装置”オルカ”によってモスラを落ち着かせた途端、エコテロリスト・ジョナ達が乗り込んできて、”オルカ”と開発者エマと娘のマディソンが拐われる。息子の死以降モナークを辞めていたマークへ芹沢達が知らせに行き。”オルカ”を使い”モンスター・ゼロ”ことキングキドラをを解き放ちに来たジョナ達からエマとマディソンを助けようとしたマークは、妻と娘が人質では無く自分達の意思で行動していることを知る。

この辺までの展開は非常に良いのだけれど、エマの目的がエコテロリズム、人間による環境汚染などで疲弊している地球を救うために天敵の人間を駆除する的な理由に、またか〜と思ってしまう。サノスと似たような考え方だし〜。
ゴジラ登場まで長かった前作に比べ、今作は序盤から出てくるのが嬉しいところ。
ラドンが飛ぶ際の風圧で人も物を吹き飛ぶのを見て、こんなのが何体も居たら地球あっという間に壊滅しますね。怪獣達のバトルの迫力がまた凄まじく、キングギドラとのバトルは特にハラハラで手に力入ります。ゴジラを助けるモスラの姿にもう感動。さすが女王モスラ。人間に関しては自己犠牲が多過ぎる気がしますが、こんな怪獣達と立ち向かうには仕方ない気もします。
最後、”偽りの王”ギドラを倒したゴジラに他の怪獣が傅くシーンはやり過ぎな気もしましたけど、まあ気持ちは分かる( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
破壊された都市の自然が再生していく様も、本当かよと思いましたが、そういう理論もあるみたいですね。

個人的には、特別研究機関モナークはどんな存在かすごく気になりました。世界66ヶ所にシェルターを作ったとか、モンスターを17体監視しているとか、どんな規模の団体だよ、出資者は誰?とか気になってしょうがなかった。チェン博士の3世代双子設定も面白かったけど、モナーク3世代目って、モナークがいつからあるのも気になりました。チェン博士、ちゃんと”ギドラ”って発音してくれてましたね。

前作では使用されなかった伊福部昭が作曲した”ゴジラのテーマ”や、”モスラのテーマ”も使われていたのに盛り上がりました。エンドクレジットに怪獣達の名前もあり、him(her)selfが付いているのにもニヤリ( ̄∀ ̄)。エンドロールの音楽に般若心境がアレンジで加えられていて、役者に劇中で聞き取れない日本語セリフを喋らせるよりも、よっぽどクールジャパンと思いました。
エンドクレジット後にあるワンシーンは、2020年公開予定の『ゴジラvsコング』に繋がるのでしょうか?ギドラの頭でしたよね?

 

映画の旅カテゴリの最新記事