『アベンジャーズ』(2012) アメコミ映画の歴史を塗り替えた最強の集結

『アベンジャーズ』(2012)  アメコミ映画の歴史を塗り替えた最強の集結
アベンジャーズ/エンドゲーム』をお代わりする前に、おさらいで再見。
アイアンマン』から始まったマーベル・シネマスティック・ユニバース(MCU)、各ヒーローそれぞれ単独映画の最後、フェーズ1の締めくくりとして、ヒーローが集結した映画です。

アベンジャーズとは?

マーベル・コミックのヒーロー達によって結成されてヒーローチーム。国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーによって召喚されましたが、それぞれ個性が強く、育った環境も主義主張も違うメンバーが団結するのは至難の技。

メンバーは?

アイアンマン/トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)=富豪の天才
ソー(クリス・ヘムズワース)=アスガルド星人で雷神
キャプテン・アメリカ/スティーヴ・ロジャース(クリス・エヴァンス)=超人血清によって強化されたスーパー・ソルジャー
ホークアイ/クリント・バートン(ジェレミー・レナー)=弓の名手
ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)=スーパー・スパイ
ハルク/ブルース・バナー(マーク・ラファロ)=緑色の大男
この6人が、MCUでは”アベンジャーズ”のオリジナルメンバー
詳細はそれぞれの単独映画で。(ホークアイとブラック・ウィドウのは無いけど)

他、

S.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリー=サミュエル・L・ジャクソン
フューリーの部下のフィル・コールソン=クラーク・グレッグ
ソーの義弟ロキ=トム・ヒドルストン
ステラン・スカルスガルド、グイネス・パルトロウ、ポール・ベタニー(声のみ)など。
マーベルコミック生みの親のスタン・リーもカメオ出演。MCUには毎回出てくるので、彼を探すのも楽しみの一つ。

ストーリーは?

冒頭でロキがセプター(杖)を持ってワームホールを通りS.H.I.E.L.D.の研究室から4次元キューブを奪ったことから、ニック・フューリーが予てから計画していた”アベンジャーズ”構想のヒーロー達を集める。
ロキを捕まえ、S.H.I.E.L.D.所有のヘリキャリア(空飛ぶ空母)へ集合した彼らは、団結するどころか一触即発状態。隙をつかれロキには逃げられ、メンバーもばらばらになってしまうが、宇宙からの侵略を止めるため、ようやく団結して戦うアベンジャーズ。

インフィニティ・ストーンとは?

”アベンジャーズ”シリーズでは、インフィニティ・ストーンと呼ばれる石が重要な役割を持っています。宇宙に散らばった6つの石(固体でないものもありますが)をめぐる物語がそれぞれ展開していきます。
この映画では、4次元キューブ(スペース・ストーン)とセプター(マインド・ストーン)が出てきます。スペース・ストーンは空間を司る力があり、宇宙のあらゆる場所へ移動することが可能、マインド・ストーンは思考や精神を司る力があり、人の心を操ったり精神を強化することが可能。
他の石はどの映画に出てくるのかの視点で見るのも一興。

見どころ

アベンジャーズとしてはビギニングとなる作品。
単独映画では見られない、チームとしてのヒーロー達。それぞれの主張や個性がぶつかり合いながらも、誰がどういう役割を分担するのかや、コンビネーションバトルなども楽しめます。
迫力のアクションシーンはもちろん。
今後彼らがどう変化していくのか、見守りましょう。
エンドクレジットが始まってすぐにMCUお約束のワンシーンがあるのと、
エンドクレジット後にもおまけシーンがあるのでお見逃しなく。

映画の旅カテゴリの最新記事