ホラーとしか思えない 『カポネ』(ネタバレ感想)

ホラーとしか思えない 『カポネ』(ネタバレ感想)

カポネ』、トム・ハーディ主演程度の情報だけで観たら、久しぶりにさっぱりわけ分からない映画でした。
どうも知られざる晩年を描いた伝記映画だったようなのですが、いろいろ怖かった。(-_-;)

 

CAPONE 2020年米/加 104分 R15+

 

Advertisement

ストーリー

1940年代。長い服役生活を終えたカポネは、フロリダの大邸宅で家族や友人に囲まれながらひっそりと暮らしていた。かつてのカリスマ性はすっかり失われ、梅毒の影響による認知症が彼をむしばみ、経済的にも行き詰まっていた。
その邸もFBIのクロフォード捜査官によって監視されていた。彼はカポネが仮病を装っていると疑い、1000万ドルとも言われる隠し財産の所在を探るべく執拗に追い続けていた。カポネの病状は日々酷くなり、現実と悪夢の狭間で奇行を繰り返すようになっていった。

キャスト

アル(フォンス)・カポネにトム・ハーディ、熱演というか怪演というか。
妻のメエに最近の奥さん役といえばこの人、リンダ・カーデリーニ、主治医にカイル・マクラクラン、親友のジョニーにマット・ディロン、FBIのクロフォードにジャック・ロウデンなど。
監督は『クロニクル』のジョシュ・トランク

ネタバレ感想

 

アル・カポネのことは、葉巻を咥えたギャングの親玉で、『アンタッチャブル』でロバート・デ・ニーロが演じた役のイメージだけで、そもそもよく知らなくて。
晩年の話と言う割には見かけ若いな〜と思ったら、亡くなったのが48歳と若かったんですね。
亡くなる数年間くらいの話。
梅毒が昔は死に至る病気だったことは知っていましたが、カポネの場合脳を侵し認知症の症状が出ていたようです。

認知症の症状に加えて脳卒中も起こしていたようで、最初はお漏らし(小・大)から段々滑舌が悪くなり、歩き方も歪で、オムツ姿で徘徊する姿はまるでフランケンシュタインかゾンビの様。
ホラーかよ!と思えば、
健康のため葉巻の代わりに人参を加えさせられ、涎だらだら。( ̄▼ ̄|||)
笑えるようでいて怖すぎる。いや〜、そこまで描きますかね〜。(;-_-) =3

現実なのか回想なのか妄想なのか、分からなくなるカポネ同様、観ているコチラも分からなくて。
ジョニーがフロリダへ来て釣りに行ったのは本当の事なのか、ジーノに殺させたのがどうもジョニーのようだったので、『オズの魔法使い』を一緒に見ていたあたりは回想なのか妄想なのかよく分からず。
ライオンの心情について話すカポネのセリフに意味があるのか、深読みできそうなシーンもあるのだけれど。
その辺はちょっと『ジョーカー』っぽい気もしました。

この映画は何を言いたいんだろうとずっと考えながら観ちゃったんだですけど、結局それも分からずでした。

 

Advertisement

映画の旅カテゴリの最新記事