手堅いキャストに演出だけど後に残らないのよね〜な 『リチャード・ジュエル』(ネタバレ感想)

手堅いキャストに演出だけど後に残らないのよね〜な 『リチャード・ジュエル』(ネタバレ感想)

クリント・イーストウッドの40本目となる監督作『リチャード・ジュエル』を観ました。
前日に観た『ジョジョ・ラビット』に続いて、2日続けてサム・ロックウェル祭りとなりました。

RICHARD JEWELL 2019年米 131分

Advertisement

ストーリー

実話ベースのお話。

行き過ぎた仕事ぶりで大学の警備員の仕事をクビになったリチャード・ジュエルは、1996年にアトランタ・オリンピックのコンサート会場の警備の仕事を見つける。ある日リチャードは、警備中に不審なリュックを発見、中身は爆発物で爆発したものの、早めに気づいたため大惨事を未然に防ぐことができた。マスコミがこぞって彼を英雄として報道したのも束の間、犯人逮捕を焦るFBIは第一発見者のリチャードに疑う。FBIの動向をマスコミが報道し、リチャードは英雄から容疑者へと一転する。

キャスト

リチャードに『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のポール・ウォルター・ハウザー、母ボビにキャシー・ベイツ、弁護士のワトソンにサム・ロックウェル、新聞記者のキャシーにオリヴィア・ワイルド、FBIの捜査官にジョン・ハムなど。
監督はクリント・イーストウッド

ネタバレ感想

クリント・イーストウッド監督、89歳ですよ!
社会派ドラマを撮り続ける御大、凄いですね〜。
我が田舎でも必ずイーストウッド監督作は公開されるので、それだけ知名度もあり評価も高いという事ですね。
無駄の無い作風で、今作でも緊張感がありつつ客観的な視点で進行します。

今作のテーマは冤罪。
能天気な自分は、割と人ごと的な視点で見てしまうのですが、世の中には冤罪を恐れている人が多いんですね。冤罪を扱ったTV番組なども多いですよね。

リチャード・ジュエルは警官になって人を助けるのが夢、思いが強過ぎて暴走することから誤解を受けることも。映画を観ている側からは人を傷つける様な人物には全く見えないのですが、視点が変わると危ない人物と捉えられるということも分かります。
リチャードを演じるポール・ウォルター・ハウザーは本人そっくりだそう。
弁護士ワトソンのサム・ロックウェルと母親役のキャシー・ベイツが脇を固めます。
マスコミが家の外に詰めかけ、犯人にしようとするFBIの嫌らしい手口など(どこまでが史実かは分かりませんが)、人ごとながら気を揉みながら観てました。
真犯人が捕まるまで数年の期間があり、それまでは推定無罪だったので、いろいろ嫌な目にもあったのだろうなと。

新聞記者キャシー・スクラッグスについては、事実と異なるという訴えが出ている様です。
映画の中でも彼女の描かれ方がタイプキャストなのは気になりました。
それ以外は安定感のある話運びで集中して観られたのですが、イーストウッド作品って観てる間は良いんだけど、全く後に残らないんですよね〜。( ̄∀ ̄*)イヒッ

ポール・ウォルター・ハウザーは注目株かも。

Advertisement

映画の旅カテゴリの最新記事