第91回アカデミー賞を黒く塗りつぶせ!

第91回アカデミー賞を黒く塗りつぶせ!
昨年のアカデミー賞の塗りつぶし。今年のは→コチラ

半分くらいは今年以降の回収なので載せておきます。

外国映画賞と長編アニメ賞は努力目標で。

イメージ 1
第91回アカデミー賞ノミネート作品一覧

鑑賞した作品を■く塗りつぶしていきます!
赤字になっているところは、感想記事のリンクを貼っています。
(以前のブログで感想書いたものはリンクがないですが)

受賞作品はで塗りつぶしています。
Advertisement
作品賞

■『ブラックパンサー』
■『ブラック・クランズマン
■『ボヘミアン・ラプソディ』
■『女王陛下のお気に入り』
グリーンブック
■『ROMA/ローマ
■『アリー/スター誕生』
■『バイス

監督賞
■スパイク・リー 『ブラック・クランズマン
□パヴェウ・パヴリコフスキ 『COLD WAR あの歌、2つの心』
■ヨルゴス・ランティモス 『女王陛下のお気に入り』
アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ
■アダム・マッケイ 『バイス

主演男優賞

■クリスチャン・ベイル 『バイス
■ブラッドリー・クーパー 『アリー/スター誕生』
■ウィレム・デフォー 『永遠の門 ゴッホの見た未来
ラミ・マレック 『ボヘミアン・ラプソディ』
■ヴィゴ・モーテンセン 『グリーンブック』
主演女優賞

■ヤリッツァ・アパリシオ 『ROMA/ローマ
■グレン・クローズ 『天才作家の妻 -40年目の真実-』
オリヴィア・コールマン 『女王陛下のお気に入り』
■レディー・ガガ 『アリー/スター誕生』
□メリッサ・マッカーシー 『ある女流作家の罪と罰』

助演男優賞

マハーシャラ・アリ 『グリーンブック』
□アダム・ドライヴァー 『ブラック・クランズマン

■サム・エリオット 『アリー/スター誕生』
□リチャード・E・グラント 『ある女流作家の罪と罰』
■サム・ロックウェル 『バイス
助演女優賞

■エイミー・アダムス 『バイス
■マリーナ・デ・タビラ 『ROMA/ローマ

レジーナ・キング 『ビール・ストリートの恋人たち』
■エマ・ストーン 『女王陛下のお気に入り』
■レイチェル・ワイズ 『女王陛下のお気に入り』

脚本賞
ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・カリー、ピーター・ファレリー『グリーンブック』
■デボラ・デイヴィス、トニー・マクナマラ『女王陛下のお気に入り』
■アダム・マッケイ『バイス
□ポール・シュレイダー『魂のゆくえ』
■アルフォンソ・キュアロン『ROMA/ローマ』

脚色賞
ブラッドリー・クーパー、エリック・ロス、ウィル・フェッターズ『アリー/スター誕生』
□ニコール・ホロフセナー、ジェフ・ウィッティ『ある女流作家の罪と罰』
□バリー・ジェンキンス『ビール・ストリートの恋人たち』
スパイク・リー、チャーリー・ワクテル、デイビッド・ラビノウィッツ、ケヴィン・ウィルモット『ブラック・クランズマン
□ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン『バスターのバラード』

撮影賞
アルフォンソ・キュアロン 『ROMA/ローマ
■マシュー・リバティーク 『アリー/スター誕生』
■ロビー・ライアン 『女王陛下のお気に入り』
□ウカシュ・ジャル 『COLD WAR あの歌、2つの心』
□キャレブ・デシャネル『ネバー・ルック・アウェイ(英題) / Never Look Away』

美術賞
■フィオナ・クロンビー、アリス・フェルトン 『女王陛下のお気に入り』
ハンナ・ビークラー、ジェイ・ハート 『ブラックパンサー』
■ネイサン・クロウリー、ケイシー・ルーカス 『ファースト・マン』
■ジョン・マイヤー、ゴードン・シム 『メリー・ポピンズ リターンズ』
■エウヘニオ・カバイェーロ、バーバラ・エンリケス 『ROMA/ローマ

視覚効果賞
■『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
■『プーと大人になった僕』
『ファースト・マン』
■『レディ・プレイヤー1』
■『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

歌曲賞
□「When A Cowboy Trades His Spurs For Wings」 『バスターのバラード』
■「オール・ザ・スターズ」 『ブラックパンサー』
■「The Place Where Lost Things Go」 『メリー・ポピンズ リターンズ』
□「I’ll Fight」 『RBG 最強の85才』
「シャロウ ~『アリー/スター誕生』愛のうた」 『アリー/スター誕生』

長編アニメ映画賞
□『インクレディブル・ファミリー』
■『犬ヶ島』
□『未来のミライ』
□『シュガー・ラッシュ:オンライン』
『スパイダーマン:スパイダーバース』

外国語映画賞

□『存在のない子供たち』(レバノン)
□『COLD WAR あの歌、2つの心』(ポーランド)
□『ネバー・ルック・アウェイ(英題) / Never Look Away』(ドイツ)
ROMA/ローマ』(メキシコ)
■『万引き家族』(日本)
Advertisement

映画祭カテゴリの最新記事